« 「個人情報保護士」試験に2800人 | Main | メンタルヘルス・マネジメント検定試験 »

October 05, 2005

ドラフト会議でハプニング

高校生を対象としたドラフト会議が3日に開催されましたが、交渉権獲得球団を誤るハプニングが2回もありました。

中身を確認しないでハズレたと思った堀内監督
漢字が読めず、ハズレたと思ったヒルマン監督
一度は当たったと思った王監督と中村GM

あまりにも稚拙なミスであきれてしまい、開いた口がふさがりませんでした。

当たりとハズレが前もって説明されてないってどういうことなんでしょうね?

当たりにはNPBの判とともに「交渉権確定」が印刷されている。
ハズレには何も書いてないと思いきや、ハズレにも判が押してあった・・・?

紛らわしいですね。

地獄から天国の辻内投手(オリックス→巨人)
一番の犠牲者、台湾人留学生の陽内野手(ソフトバンク→日ハム)

今回のようなことは2度と起きないようにして欲しいです。

|

« 「個人情報保護士」試験に2800人 | Main | メンタルヘルス・マネジメント検定試験 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/6258825

Listed below are links to weblogs that reference ドラフト会議でハプニング:

« 「個人情報保護士」試験に2800人 | Main | メンタルヘルス・マネジメント検定試験 »