« 企業の半数が副業禁止 | Main | ドラフト会議でハプニング »

October 04, 2005

「個人情報保護士」試験に2800人

個人情報の取り扱いに関心が高まる中、「個人情報保護士」という民間検定が登場し、2日、東京、名古屋、大阪の各会場で行われた初の認定試験に約2800人が挑戦しました。

文部科学省の認可法人「全日本情報学習振興協会」の主催。公的な資格ではありませんが、同協会では「保護法のエキスパートの証明になる。問い合わせは2万件近くあり、今後は受験者が増えると思う」としています。

試験はマークシート方式100問。
関係法令の内容や職場などで講ずべき対策を問うもの。検定料は8400円で、同協会では同額の費用で「直前対策セミナー」も行い、模擬問題を提示していました。

受験者の年齢は10代から70代までで最多は40代(34%)。企業で個人情報保護を担当する人が多く、弁護士や行政書士、社会保険労務士もいるといいます。

次回試験日は、12月18日(日)です。
http://www.joho-gakushu.or.jp/piip/piip.html

|

« 企業の半数が副業禁止 | Main | ドラフト会議でハプニング »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/6241657

Listed below are links to weblogs that reference 「個人情報保護士」試験に2800人:

» 個人情報保護法の基本 [個人情報保護法とは]
個人情報保護法の基本 携帯電話に記憶させた電話番号やメールアドレスも保護対象になります。個人情報取扱事業者は携帯電話も、落とすことができなくなるということでしょうか!? 個人情報の流出事件がかなり増えてきています。企業などにおける個人情報保護対策への社会的要請が高まり、公布された個人情報保護法ですが、これまでの国や自治体に加えて、4月1日からは5,000件を超える個人情報を取扱う民間企業や医療機関なども新たに適用対象となりました。規制対象となる個人情報には、氏名・性別・生年月...... [Read More]

Tracked on June 23, 2007 at 09:08 AM

« 企業の半数が副業禁止 | Main | ドラフト会議でハプニング »