« メンタルヘルス・マネジメント検定試験 | Main | 「EAP」って何? »

October 07, 2005

「オタク」には5タイプがある?

「これからの時代、子供はオタクになれ!」とは、世界で一番受けたい授業の中で森永卓郎が言った言葉です。

この場合の「オタク」とは秋葉原にいるようなオタクに限ったことではなく、一つの事にとことん熱中できる人のことですが・・・。

そこで、このほど野村総合研究所が実施した、国内のマニア消費者層(いわゆる「オタク層」)の実態とビジネス的価値に関する調査研究の中から「オタク像」5タイプを紹介します。
http://www.nri.co.jp/news/2005/051006_1.html

●「オタク像」5タイプを提示

【タイプ1】家庭持ち仮面オタク
「隠れオタク」。
「家庭内でこっそりと小遣いをやりくりしながら趣味に没頭するお父さん」が典型例。

【タイプ2】わが道を行くレガシーオタク
「マニア」「コレクター」層を受け継いでいる。
「20~30代のメカ&アイドル好き独身男性」が典型像。

【タイプ3】情報高感度マルチオタク
若年層が中心で、男女に偏りはない。
インターネット活用度が高く、「ネットオークション、コミュニティーサイトが大好きで、2ちゃんねるのライトユーザであるネット住人」がその典型例。

【タイプ4】社交派強がりオタク
男性が6割を占め、年齢層はやや30代~40代が多い。「『ガンダム』などの、かつて体験したブームの世界観、価値観をそのまま引きずり、それにきづかずに大人になって社交性も身についた30代男性」が典型例。

【タイプ5】同人女子系オタク
女性比率が圧倒的に高く、20~30代が中心(いわゆる「アキバ系」「萌え系」オタクの男性も含まれる)。「コミックやアニメに登場するキャラクターへの固執が強く、友達に隠れて趣味を大人になってもひそかに続けている同人誌フリークの女性」が典型例。

本調査の結果をまとめた単行本「オタク市場の研究」を、東洋経済新報社より10月13日に出版予定。

|

« メンタルヘルス・マネジメント検定試験 | Main | 「EAP」って何? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/6296130

Listed below are links to weblogs that reference 「オタク」には5タイプがある?:

» 所さんの目がテン:カルシウム/がっちりマンデー:防災産業;森... [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. 所さんの目がテン:カルシウム 今週の所さんの目がテンが取り上げたのはカルシウム。 日本人はカルシウムが不足がちと言われる。番組で緊急調査したところ、30人中半数以上がカルシウムが不足していた。日本人は歴史的見てカルシウム不足で、一日に必要...... [Read More]

Tracked on October 09, 2005 at 09:00 AM

» オタクが大阪ドームを救う? [「いい」加減でいこう]
   7日の報道で関大阪市長が大阪ドームの特別調停を断念して会社更生法適用を申請することを決定したとあったがわしはオタクたちの力を使っての再建案を提案する。  大阪ドームをオタクたちの常設イベント会場にせよ  オタクは皆さんが思っている以上に日本の経済...... [Read More]

Tracked on October 10, 2005 at 12:06 AM

« メンタルヘルス・マネジメント検定試験 | Main | 「EAP」って何? »