« 36協定の意味と必要性 | Main | 傷病手当金の支給要件 »

September 21, 2005

人事部向けの需要が急増する人材派遣

人材派遣市場で人事部向け事務職の需要が伸びているといいます。秋から年末にかけては来春の採用業務などが集中する繁忙期に入るため、経験者を中心に派遣要請が増えています。

需要は給与計算など幅広い業務で増えていますが、採用関連業務の伸びが目立っています。多くの企業ではバブル期以降に人事部の人員を減らしており、景気回復傾向で業務量が増えてきていることも背景にあります。

また、即戦力を求める企業が多いため派遣料金も高値で推移しています。

【派遣会社が請求する料金(首都圏)】

一時間当り1,800円~2,400円前後。
経験や知識を積んだ人材は一時間当り2,200円~2,400円
一般事務職に比べ500円強高い水準。
昨年に比べ100円ほど高い水準で契約する事例もある。

|

« 36協定の意味と必要性 | Main | 傷病手当金の支給要件 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/6047640

Listed below are links to weblogs that reference 人事部向けの需要が急増する人材派遣:

« 36協定の意味と必要性 | Main | 傷病手当金の支給要件 »