« パートの待遇改善に助成金 | Main | 労働時間の意味 »

August 17, 2005

退職金規程のない会社の退職金

10人未満の会社で就業規則などはなく、退職金は社長のポケットマネーにより、支払われていたなんて会社を時々見かけますが、最近は不況のためか、退職した社員に退職金を支払わなくなっています。

このような場合、該当する規程がないからといって問題がないとは言えませんので注意してください。

なぜなら、今まで退職金を支払っており、その事実を従業員が知っているようであるならば、それが職場の慣行と見られかねないからです。

そうなると、たとえ就業規則などに明確に規定していなくても、立派な職場の規則と判断される場合があります。(職場慣行の法的効力)

そのような事にならないためにも、たとえ10人未満の会社でも、退職金に限らず、職場の規則をしっかりと明確に定めておくことが望ましいでしょう。

|

« パートの待遇改善に助成金 | Main | 労働時間の意味 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/5513298

Listed below are links to weblogs that reference 退職金規程のない会社の退職金:

« パートの待遇改善に助成金 | Main | 労働時間の意味 »