« 定年制と再雇用制度 | Main | 失業給付は退職金じゃない! »

August 04, 2005

自己都合退職と会社都合退職

会社を辞めた理由を訪ねると、明らかに会社の都合で解雇されたのに、「自分の都合で辞めた」と答える人が少なくありません。

何故?

1.「自己都合退職」にしないと、再就職に響く。
2.退職を勧奨されたにもかかわらず、「自己都合退職」を承知した。
3.「退職願いを書きなさい」といわれ、「一身上の都合」と書いた。
等々

「解雇と聞いて、『世間体が悪い』などと思い込んでしまう労働者もいますが、悪いのは、一方的に解雇する会社側です。

会社側からすれば、「会社都合退職」はデメリットこそあれ、メリットはありません。会社が「自己都合退職」へと誘導するため、労働者は「自己都合退職」を認めてしまうのです。

ところが、正反対の事例を質問されました。

【質問内容】

ある人からの質問です。

顧問先の会社より従業員の退職手続の連絡があったそうです。
社長の話によると、「この従業員は自己都合退職(年配者)なのだが、長年勤めてくれたので会社都合にして、早く失業保険がもらえるように手続してもらえないか。」と言うのです。本人は転職するつもりはありません。

続きは、明日。

|

« 定年制と再雇用制度 | Main | 失業給付は退職金じゃない! »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/5305401

Listed below are links to weblogs that reference 自己都合退職と会社都合退職:

» 書き方 [退職願い!]
退職願いの書き方について、考えたいと思います。退職願いと退職届けとの違いの質問をよく受けるのですが、その意味の違いはほとんどありません。しかし会社を辞める意志があって提出する辞表=退職届けの方が気持ちが強いので少し柔らかな表現の退職願いの方がよいでしょう。会社や上司にとってもあまり受け取りたくない書類ですしね。確かに退職届けだともう退社が決まってその後に出す書類みたいですよね。だから少しは柔らかく会社を辞めましょうね。まあ辞... [Read More]

Tracked on June 15, 2007 at 03:23 AM

« 定年制と再雇用制度 | Main | 失業給付は退職金じゃない! »