« 3割の企業で単身赴任者が増加 | Main | 第二新卒は新卒より「使える」!? »

July 18, 2005

胸部X線検査、健康診断で廃止検討

毎日新聞(7/17)によると、職場の健康診断で実施されている胸のエックス線検査について、厚生労働省は法的義務付け廃止の検討に入ったそうです。理由は検査の有効性を示す証拠がないため。すでに専門家による検討会を設置しており、結論次第で来年度にも廃止するもよう。

検討会では矢野栄二委員が、職場健診での肺がんの発見率は低く見落としが多い▽他の病気も検査以前に症状が出るなどで健診で探す意義は薄い▽エックス線被ばくの影響で発がんする人が延べ数万回から10万回の受診に1人出ると推計される――と指摘。利益と危険のバランスを考え、義務を廃して特に必要な人だけを検査すべきだと主張しています。

一方、連合会副会長の柚木孝士委員は、検討会に出した資料で「(個々の病気の発見法としては)優れた検査法とする根拠は乏しい」と認めながら「有効性が低いとする根拠は確立されていない」と存続を訴えています。

職場健診の費用は全国で年間3000億円から4000億円と推定され、連合会の専務理事は「廃止は健診料金の大幅値下げや受診者の急減につながりかねず、死活問題だ」と言っています。

厚労省の課長は「従来は、とにかく検査するのは良いことだとやってきたが、今は有効性の証拠が求められる時代だ」と話しています。

※【エックス線検査】
労働安全衛生法の規則が定める職場健診の1項目。同法は72年の施行以来、事業者に対し年1回の実施、労働者には受診を義務付けており、罰則もある。受診対象者は現在、約5900万人に上る。
結核予防法も年1回の検査を義務付けていたが今年4月に義務は廃止。見つかる結核患者が受診者1万人に1人未満と少なく、発見の利益よりエックス線被ばくの害が心配されるため。

|

« 3割の企業で単身赴任者が増加 | Main | 第二新卒は新卒より「使える」!? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/5015676

Listed below are links to weblogs that reference 胸部X線検査、健康診断で廃止検討:

« 3割の企業で単身赴任者が増加 | Main | 第二新卒は新卒より「使える」!? »