« 過労死のメカニズム | Main | 75歳以上の医療制度改革案 »

June 07, 2005

外国語学校を一斉立ち入り調査(社会保険)

法律では、国籍を問わず2カ月を超えて常態的に働く人に対して、企業側が健康保険と厚生年金に加入させるよう定めていますが、加入させていないケースが多く見受けられます。

本日の日経新聞によると、外国語学校が外国人講師の多くを法律で義務づけている社会保険に加入させていないとして、社会保険庁は全国約750社の外国語学校の運営会社すべてに対する立ち入り調査を始めたといいます。

外国語学校が外国人講師を雇い入れる際、強制加入であることを説明せずに社会保険に加入させないケースが考えられます。

9月末までの期間で各学校に立ち入って勤務表などを調べ、加入対象なのに未加入者がいた場合は加入を求めるそうです。

【社会保険加入要件】
適用除外事由に該当しない限り加入対象となります。

●適用除外者
1.日々雇入れられる人
2.2箇月以内の期間を定めて使用される人
3.季節的業務(4ヶ月以内)に使用される人
4.臨時的事業の事業所(6ヶ月以内)に使用される人

|

« 過労死のメカニズム | Main | 75歳以上の医療制度改革案 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/4451602

Listed below are links to weblogs that reference 外国語学校を一斉立ち入り調査(社会保険):

« 過労死のメカニズム | Main | 75歳以上の医療制度改革案 »