« 研修医は労働者、最高裁が初認定 | Main | 過労死のメカニズム »

June 05, 2005

ニートの定義って?

ニートの定義がはっきりしないため、国内のニート数をめぐり、政府内で混在する事態となっています。

【定義1】
学校教育を受けず、働かず、職業訓練にも参加しない若者(15歳~34歳)。
厚生労働省は2004年の労働経済白書で、2003年のニートは約52万人とする初の推計を発表。

これは、総務省の労働力調査を基に、15~34歳の非労働力人口のうち学卒、未婚で家事・通学をしていない人を「ニート」と定義。

【定義2】
厚生労働省は今年5月末、「政府の統一見解」として、
①学籍はあるが、実際は学校に行っていない人
②既婚者で家事をしていない人
をニートに加えて、2003年のニート数を約64万人と上方修正。

【定義3】
内閣府の有識者研究会は今年3月、総務省の就業構造基本調査を基に、厚生労働省がニートに含めていない「家事手伝い」も含めて総数約85万人(2002年)との推計を発表。

【家事手伝いについて】
研究会は「社会参加していないケースが多い」と分析。
          ・・・・・ニートに含める。
厚生労働省は「将来主婦になる人が多い」と判断。
          ・・・・・ニートに含めない。

【定義1<定義2<定義3】
従来から言われているものが定義1、それに対して政府の統一見解は定義2、さらに有識者研究会では定義3と、ニートの定義に違いがあります。

|

« 研修医は労働者、最高裁が初認定 | Main | 過労死のメカニズム »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/4418915

Listed below are links to weblogs that reference ニートの定義って?:

« 研修医は労働者、最高裁が初認定 | Main | 過労死のメカニズム »