« 在宅勤務社員とSOHO | Main | 派遣契約締結にあたっての留意事項 »

June 18, 2005

パート店長、部下は正社員

正社員を部下に持つパート店長が登場して久しいですが、あるファミリーレストランでも、実績があるパートが店長になっており、男性副店長や男性主任という正社員を部下に持っています。

店長とはいえ給与の計算はあくまで時給が基本で、1日の労働時間6時間以上。これに店長手当や業績給が加わるそうです。

このファミリーレストランの場合は最高で年収600万円程度で「正社員店長を少し下回るが、部下の正社員よりは高給」だそうです。

正社員に転勤や突然の休日出勤があるのに対し、パートは免除されています。その分、給与に差があります。管理職の責任を負いながらもパートとして働き続けることを選んでいるのは「転勤がないから」とし、「正社員との待遇の格差は納得できる範囲」。

以前に短時間正社員制度について書きましたが↓
http://jinjiplus.way-nifty.com/blog/2005/05/post_1e8a.html

短時間正社員とパート店長、似ているようで微妙に違うような気がします。
正社員(女性)が育児、介護の問題があり、短時間正社員(身分は正社員)になる。
パートが勤務実績を評価され、パート店長(身分はパート)になる。

【共通点】
正社員より一週間の所定労働時間が短い
残業・配転などの拘束性が少ない
正社員と同様の役割・責任を担う

【相違点】
短時間正社員は、勤務時間は短いが正社員であるため、
正社員と同様の能力評価や賃金決定方式の適用を受ける
パート店長は、給与の計算はあくまで時給が基本
店長手当や業績給は加わる

どう思われますか?

|

« 在宅勤務社員とSOHO | Main | 派遣契約締結にあたっての留意事項 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/4609697

Listed below are links to weblogs that reference パート店長、部下は正社員:

« 在宅勤務社員とSOHO | Main | 派遣契約締結にあたっての留意事項 »