« 外国語学校を一斉立ち入り調査(社会保険) | Main | 健康診断結果の取扱いと個人情報保護法 »

June 08, 2005

75歳以上の医療制度改革案

日本医師会は7日、75歳以上を対象に新たに独立した高齢者医療保険制度を創設する医療制度改革案を公表しました。(共同通信)

【75歳以上の財源改革案】
患者の自己負担1割
保険料1割
残りは公費(税金)と現役世代の負担で賄う
健康保険組合などからの拠出金は廃止

現行の高齢者医療制度は72歳以上(07年10月までに75歳に引き上げ)が対象。1割(高所得者2割)の窓口負担を除き、給付費は公費で5割を負担し、残り5割には企業の健康保険組合など各保険運営者からの拠出金を充てています。

【65歳~74歳の財源改革案】
退職後は全員が国民健康保険に加入し、自己負担と保険料、被用者保険による財政負担で賄う。

|

« 外国語学校を一斉立ち入り調査(社会保険) | Main | 健康診断結果の取扱いと個人情報保護法 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/4464206

Listed below are links to weblogs that reference 75歳以上の医療制度改革案:

« 外国語学校を一斉立ち入り調査(社会保険) | Main | 健康診断結果の取扱いと個人情報保護法 »