« 有期契約社員の雇い止め | Main | 不法残留外国人労働者の労災認定 »

June 01, 2005

コントラクトMR

5月21日に「組織に縛られない働き方 IC」を書きましたが、本日の日経産業新聞に「人材派遣大手のテンプスタッフ、6月から医薬情報担当者(MR)の派遣事業に参入」とういう記事がありました。

派遣や契約社員の形態で勤務するMRは「コントラクトMR」と呼ばれ、テンプスタッフはこの「コントラクトMR」に特化した事業を展開するといいます。

「コントラクトMR」は「インディペンデント・コントラクター」のMR版の呼称です。

欧米では20年以上の歴史がある「コントラクトMR」。
日本においてもそのニーズが年々高まってきていますが、その背景には2つの要因があります。

1.製薬メーカーは新薬の開発・発売に合わせて大量のMRを正社員として採用するよりも、必要な時期に必要な人数のMRを即戦力として迎え入れる事により人件費を削減できる。

2.「コントラクトMR」にとっても色々なメーカーで、様々な製品を扱うチャンスがある。

●「コントラクトMR」採用のメリット

◇ ニーズにあった営業戦略を必要なときに確保できる。
◇ 雇用に対する責任やリスクがなくなる。(自社社員でないため)
◇ 人件費を変動費に変換することにより、経費が削減できる。
◇ 各種の専門集団に委譲することができる。
◇ 教育期間の短縮、研修費の削減ができる。

|

« 有期契約社員の雇い止め | Main | 不法残留外国人労働者の労災認定 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/4365501

Listed below are links to weblogs that reference コントラクトMR:

« 有期契約社員の雇い止め | Main | 不法残留外国人労働者の労災認定 »