« 「五月病」にならないために! | Main | 5月9日はアイスクリームの日 »

May 08, 2005

派遣社員の賃金と派遣料金

いまや派遣社員抜きでは職場が成り立たたなくなるほど普及している人材派遣ですが、その仕組みについては、あまり知られていないのが現実のようです。

そのひとつが「派遣社員の賃金と派遣先企業に請求する派遣料金の関係」についてです。私も、ずぅ~っとモヤッとしていましたが、NIKKEIプラス1(日経新聞 5月7日)の記事を読んで、やっとスッキリできました。

記事によると、大手派遣会社のほとんどがパソコンの仕事でもソフトの種類や習熟度によって細かく分類した社外秘扱いの料金表を持っているそうです。

【たとえば】
「エクセル」で表を作る仕事は1,500円、関数計算を使う仕事は1,600円という具合。そして、時給から社会保険料と所得税を控除した残りが派遣社員の手取り。交通費は余程の遠距離通勤にならない限り支給されないそうです。

派遣会社が派遣先企業に請求する料金は、時給に社会保険料の企業負担分、募集や研修の費用などを上乗せした25%前後高い金額とのこと。

◆派遣社員の賃金例
時給1,500円×8時間×20日=240,000円

◆派遣料金例
240,000円×125%=300,000円

これで、人材派遣会社の賃金の仕組みが少し理解できました。

|

« 「五月病」にならないために! | Main | 5月9日はアイスクリームの日 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/4030942

Listed below are links to weblogs that reference 派遣社員の賃金と派遣料金:

« 「五月病」にならないために! | Main | 5月9日はアイスクリームの日 »