« サラリーマン川柳でコーヒーブレイク | Main | 「カジュアル面接」が増えています »

May 12, 2005

女性の坑内労働解禁に向け始動

昨日の読売新聞夕刊によると、法律(労基法64条の2)で禁止されてきた女性によるトンネル工事や鉱山などの坑内労働が、“解禁”に向けて動き始めたという。

【女性の坑内労働禁止の理由】

労基法が制定された当時(1947年)は、石炭産業の全盛時代で、女性の炭鉱労働者も多かった。そこで・・・。
1.劣悪な炭坑の労働環境から、母性を保護するために設けられた。
2.古くから「女性が坑内に入ると山の神が怒る」という迷信があった。

【その後】

男女雇用機会均等法が成立し、労基法は禁止規定の一部を、85年と94年に緩和。工事や開通式などでの新聞・テレビの取材や、医師・看護師の医療行為などに限って、女性の入坑は認めたものの、坑内労働そのものは認めず。

このため、建設会社の女性社員がトンネル工事の監督業務に就けなかったり、坑内で機械の操作が行えなかったりして、新たな性差別問題として浮上。

「本人が希望しても配置できない」
「志ある女性の可能性の芽を摘むのは問題」
などの意見が出ており、「開放の必要あり」との意見が増えてきた。

「技術が進んで、坑内労働の環境は改善されている」「監督業務や機械操作については、女性が行っても問題ないのではないか」などの意見も多く、労働衛生面でも「高い安全衛生の確保が図られるようになった」との意見が大勢を占める。

●山の神信仰と女人禁制
「女性が入ると、同じ女である山の神が嫉妬して、落盤事故などが起きる」といった迷信・縁起担ぎがあることも、女人禁制が長く続いてきた一因

【女人禁制は差別?伝統?】
○現在も禁止されている・・・大相撲の土俵
                 山岳寺院や修験の山々
○昔は禁止されていた・・・ 酒蔵、船 など

全国女人禁制のある場所・内容
http://www.shinfujin.gr.jp/ank/01/a0102h01.html

|

« サラリーマン川柳でコーヒーブレイク | Main | 「カジュアル面接」が増えています »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/4088671

Listed below are links to weblogs that reference 女性の坑内労働解禁に向け始動:

« サラリーマン川柳でコーヒーブレイク | Main | 「カジュアル面接」が増えています »