« 国民健康保険と健康保険の給付の違い | Main | 多様な労働形態利用で人件費削減 »

April 10, 2005

埼玉県熊谷市が暑いのは都心のせい?

真夏になると、日中の気温が異常に高くなる関東地方の内陸部(特に埼玉県熊谷市)ですが、気象庁が「ヒートアイランド解析システム」を使って分析したところ、都心で発生した熱が気温上昇の一因になっていることが分かりました。

気象庁が行った「ヒートアイランド現象」の解析結果により、南から弱い海風が吹いていた時には、都心の熱で暖められた空気が風に乗って北上し、関東の内陸部に到達、埼玉県熊谷市や群馬県南部などの気温上昇に拍車をかけていたことが分かったのです。

気温上昇は、主に地形的な要因が影響していると考えられていましたが、それだけではなく都心の熱も影響していたのですね。

私の住まいは埼玉県熊谷市です。夏は暑いし、冬は北風(赤城おろし)が強く寒いところです。
ということは、暑さは東京のせい?寒さは群馬のせい?

関東地方のヒートアイランド現象の状況について↓
http://www.jma.go.jp/JMA_HP/jma/press/0503/31b/heatisland.pdf

|

« 国民健康保険と健康保険の給付の違い | Main | 多様な労働形態利用で人件費削減 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/3640290

Listed below are links to weblogs that reference 埼玉県熊谷市が暑いのは都心のせい?:

« 国民健康保険と健康保険の給付の違い | Main | 多様な労働形態利用で人件費削減 »