« 県職員に自主退職求める(鳥取県) | Main | パート、アルバイトの活用方法 »

April 26, 2005

請負契約といいながら実態は派遣契約

労働者派遣法が改正され、製造業でも労働者派遣が可能となりましたが、実態は派遣、請負の区別がつかない形態で働いているケースが多いようです。

●派遣と請負はどう違うのでしょうか?

【派遣とは】
・派遣元と派遣先で派遣契約を結びます。
・労働者との雇用契約は派遣元になりますが、指揮命令は、派遣先となります。

【請負とは】
・業務請負会社と発注元企業で業務請負契約を結びます。
・労働者との雇用契約、指揮命令は、業務請負会社となります。
 
派遣と請負では指揮命令権の違いがあげられますが、製造業では業務請負会社が発注元企業から生産工程を一括で請け負い、請負会社と雇用関係を結んでいる労働者が発注元に出向き、発注元企業の指揮命令を受けて就業するケースが多いようです。

事実上、労働者派遣を行いながら、企業間では請負契約となっており、大きな問題にもなっています。

製造業で派遣が解禁されたとはいえ、働く労働者の実態は派遣なのか請負なのか、不明確な状況が今後も続くのではないでしょうか。労働者の労災事故が起きた場合には、会社同士で責任をなすりつけるような問題も生じています。
※参考記事↓
http://jinjiplus.way-nifty.com/blog/2005/04/post_1.html

自社以外の労働者について、派遣なのか請負なのか、もう一度、確認してください。さらには、社員、パートの雇用形態、契約内容がどうなっているのかについても確認してください。

|

« 県職員に自主退職求める(鳥取県) | Main | パート、アルバイトの活用方法 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/3866916

Listed below are links to weblogs that reference 請負契約といいながら実態は派遣契約:

« 県職員に自主退職求める(鳥取県) | Main | パート、アルバイトの活用方法 »