« 請負契約といいながら実態は派遣契約 | Main | 「残業代ゼロ」一般社員も »

April 27, 2005

パート、アルバイトの活用方法

●パート、アルバイトのタイプ
1.家庭や子供のことがあるので8時間勤務できない主婦
2.学校の授業がない時に働くアルバイト
3.定年退職後の仕事として働いている高齢者
4.正社員として入社できなかったので、とりあえず働く者
5.定職に就かないフリーターなど

●どのくらい働きたいのか?

主婦を例にあげますと、子供の年齢によって勤務時間の制約があります。

小さな子供がいる場合は、短時間しか勤務できない。
子育てが一段落している場合は、長時間勤務が可能になる。

●どんな時間帯なら勤務できるか?

働く人にとり、大事なことは時間帯と曜日です。
一般的には次のように異なると思います。

【主  婦】 平日の昼間の勤務を希望する人が多い。
【高齢者】 何時でも勤務してくれる。ただし、夜は敬遠される。
【学  生】 学校の授業がない時間帯に勤務できる。
【フリーター】 いつでも勤務してくれる。中には正社員よりも長時間になる人もいる。

このようなニーズから、次のような組み合わせが考えられます。

【平日の  昼】 主婦+高齢者+フリーター
【平日の夕方】 学生+フリーター
【平日の  夜】 学生+フリーター
【土日の  昼】 学生+高齢者+フリーター
【土日の夕方】 学生+フリーター
【土日の  夜】 学生+フリーター

つまり、働く人のニーズに対応する形で短時間勤務を組み合わせるのです。

|

« 請負契約といいながら実態は派遣契約 | Main | 「残業代ゼロ」一般社員も »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/3873632

Listed below are links to weblogs that reference パート、アルバイトの活用方法:

« 請負契約といいながら実態は派遣契約 | Main | 「残業代ゼロ」一般社員も »