« 下町の風情「都電&もんじゃ」 | Main | 働きやすい会社 »

March 21, 2005

うららか、ほがらか、きよらか

卒業式や入学式で必ず歌われる校歌、みなさんは覚えていますか?
私は、小学校の校歌だけは覚えています。
特に最初の一節は鮮明に覚えていますので紹介します。

1番 うららかな、光り流れる、広い野に・・・。
2番 ほがらかな、歌の流れる、校舎から・・・。
3番 きよらかな、心流れる、ふるさとの・・・。

春分の日を過ぎると、のどか(長閑)でうららか(麗らか)になり、気持ちも朗らか、清らかになります。

のどかとは、静かで穏やかなようすをいい、うららかとは、日の光ののどかなさまをいいます。

文部省唱歌『花』でも「春のうららの隅田川」と歌われています。

そして、ほがらかは、心が晴れ晴れとしているさまをいい、きよらかは、よごれやにごりがなく澄んでいるさまをいいます。

小学校校歌として最高の一節で、私は大好きです!!
中学は少し覚えていますが、高校は忘れました。(なんでだろう?)

明日からは、仕事関連の話題に戻ります。

|

« 下町の風情「都電&もんじゃ」 | Main | 働きやすい会社 »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79170/3379088

Listed below are links to weblogs that reference うららか、ほがらか、きよらか:

« 下町の風情「都電&もんじゃ」 | Main | 働きやすい会社 »